まる1.jpg地球にやさしいプラスチックリサイクル



 再生プラスチックは、ごみ袋や日用品等のリサイクル製品として利用されています。やがてその用途を終えて再び廃棄物となりますが、家庭での分別排出により繰り返しリサイクルしていくことができます。
 再生プラスチックを利用する分、新しいプラスチックを製造するために使用する石油資源を節約することになります。

まる1.jpg処理工程の概略

<中間処理業務>

①受入 矢印.gif ②破袋 矢印.gif ③手選別 矢印.gif ④圧縮梱包 矢印.gif ⑤搬出

中間処理.JPG① 家庭から分別排出された「プラスチック製容器包装」と「PETボトル」が運び込まれます。
② 破袋機で袋から出します。
③ 手選別によって、異物を取り除きます。
④ 種類別に圧縮梱包します。
⑤ 再生処理工場へ出荷します。

<再商品化業務>

①受入ライン 矢印.gif ②選別ライン 矢印.gif ③リサイクルライン 矢印.gif ④製造ライン 矢印.gif ⑤販売

工場.JPG① 圧縮梱包された「プラスチック製容器包装」をほぐしながら、選別ラインに送ります。
② ふるい選別→手選別→機械選別によってプラスチックを種類別に分けます。
③ 破砕→洗浄→比重分離槽によってさらに選別→洗浄→脱水処理の後、乾燥させたプラスチック破砕片(フレーク)を風力選別によって重いものと軽いものに分けます。
④ プラスチック破砕片(フレーク)のうち軽いものは、熱を加えて溶かして練りこみ造粒します。
⑤ 造粒品(ペレット)と重たい破砕片(フレーク)が、製品(再生プラスチック原料)としてプラスチック加工会社へ出荷されます。

<リサイクル施設>

プリテック エコタウンセンター
施設図JPG.JPG
【 経済産業省 環境調和型地域振興施設整備事業 認定施設 】

まる1.jpgリサイクルすることができなかったプラスチックのゆくえ

固形燃料.JPG  適正な選別の結果、プリテックで再生プラスチック原料として再生することができなかったプラスチックは、プリテックと同じ富山市エコタウン内にある難処理繊維及び混合廃プラスチックリサイクル施設で固形燃料となります。
  この固形燃料は、製紙会社などで化石燃料の代替品として利用され、ここでも資源の有効利用、廃棄物エネルギーとして、ゼロエミッション社会を目指す資源循環の推進と地球温暖化防止策となっています。
  また、近隣の施設で処理することにより、輸送による環境負荷を低減しています。